ウインド リバー。 【ネタバレ感想】映画『ウインドリバー』。実話に秘められた真実を考察

ウインド・リバーは実話だった!ジェレミー・レナーの悲哀に満ちた演技が圧巻!

リバー ウインド

🤑 その時のジェレミーがほんとカッコイイ。

10
保留地は連邦政府の土地となっており、事件が発生しても州警察や市警察は動かず、事件に介入するのはFBIのみとなります。

映画『ウインド・リバー』は実話?犯人は誰?ストーリーをネタバレ解説!

リバー ウインド

😗 コリーは必ず復讐するとマーティンへ約束しその場を離れました。 事件を解決するために派遣されたFBIの新人捜査官ジェーン・バナーは、ウインドリバーの自然の過酷さを甘く見ていたがゆえに、捜査がうまく進まない。

エンターテイメント映画として高い完成度 C 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. 敵味方が至近距離で撃ち合うこの場面、遠方から狙撃の腕前を発揮する主役の姿は映らず、カメラはひたすら撃ち倒される者たちの姿を追う。

何が少女を殺したのか? 『ウインド・リバー』が突き付けるアメリカ先住民・保留地の壮絶な実態|Real Sound|リアルサウンド 映画部

リバー ウインド

☎ 続く最後の追跡も、復讐劇に陥らず、といって社会派にも落とさない、絶妙な筋書きだった。

5
テイラー・シェリダンは、リバタリアニズム系の作家だと思っていた。 しかし、そこに住む人達は望んで住んでいるのではなく、強制的に移住を強いられたネイティブアメリカン。

ウインド・リバーは実話だった!ジェレミー・レナーの悲哀に満ちた演技が圧巻!

リバー ウインド

😒 他殺でなければFBIの専門チームを呼べず、孤立するジェーン。 (山里亮太)そこで暮らしていくっていうのは大変な……。 (町山智浩)どもでした。

9
さらに、保留地を離れて都市に出たネイティブ・アメリカンたちには人種差別の現実が立ちはだかってきた。 そうなると、ジェーンはルール上FBIからの応援チームを呼ぶことができなくなってしまうんです。

映画『ウインド・リバー』の私的な感想―インディアン社会からの悲鳴―

リバー ウインド

👆 (赤江珠緒)ああ! (町山智浩)「俺みたいな普通の人がいた方がいい」っていう人ですね。

6
彼女が現地に到着した時の服装は薄着で、マイナス何十度にもなるこの場所には場違いな格好でした。

ウインド・リバー : 作品情報

リバー ウインド

☎ 映画『ウインド・リバー』ではこの保留地に掲げられたアメリカ合衆国の国旗が逆さになっているシーンがありますがこれはアメリカへの敵意の現れだと言われています。 月明かりが照らす広大な雪原を、血を流しながら一人裸足で走る若い女性。 荒野を雪山に変えた西部劇。

8
そんなカウボーイの姿をした白人のコリーが、ネイティヴ・アメリカンの人間として白人に復讐する展開は、まさにインディアン保留地の問題に対する批判そのものだといえるでしょう。

ウインド・リバー

リバー ウインド

🚀 しかし、主人公であるコリーがハンターであることや、ウインド・リバーの保留地としての性質から、作中では数多くの銃が登場。

12
ECCNとは• その上にさらに連邦警察っていうのがあって、これがFBIです。 アメリカにこんな現実があったなんてウィンド・リバーの映画で初めて知りました。

映画「ウインド・リバー」公式サイト 2018年7/27公開

リバー ウインド

🤜 ただ、シェリダンが監督も兼ねた本作は、リバタリアニズムを感じる点は同じだが、人間の力がほとんど意味を成さない極寒の地が舞台であることによって、もはやリバタリアニズム的価値観は思想や信条というより「生きる手段」に近づいている。 なので、ジェーンは単独で捜査することになり、捜査の難航によりコリーに協力を頼むことになります。 新人FBI捜査官のジェーンは、何も知らないまま薄着で事件現場に到着した所から、次第に「ウィンド・リバー」の闇に気付き、全力で事件の真相に挑むようになります。

9
新人女性捜査官と地元のハンターで。