杉内 由美子 本 部長。 警察庁/内閣官房: 警察人事異動ノート

杉内由美子とは

本 部長 由美子 杉内

😜 県内で多発するニセ電話詐欺やサイバー犯罪、交通事故などの課題解決に意欲を示す。

杉田和博内閣官房副長官兼内閣人事局長および沖田芳樹内閣危機管理監は再任された。 県警「会見を主催する県警の権限」と主張 南谷広報県民課長は「行事と施設の関係でこの日しかなかった。

佐賀県警本部長、従来の答弁繰り返す 女性暴行死めぐり(朝日)

本 部長 由美子 杉内

😛 福岡県太宰府市で主婦の高畑(こうはた)瑠美さん(当時36歳)が暴行されて死亡した事件を巡り、佐賀県警鳥栖署が事件前に相談を受けながら被害届を受理しなかった問題で、同県警の杉内由美子本部長は2日、県議会11月定例会で「遺族の話も相当な時間をかけて聞いている。 県警の杉内部長は従来通りの答弁を繰り返した。

9
津田隆好警視長は大阪府出身、52歳、東大法、平成3年警察庁。 福岡県太宰府市の女性暴行死事件に質問がほぼ集中し、最後に杉内本部長が「総括」として、用意していたペーパーを読み上げて終わった。

相談しても事件化せず女性死亡 質問答えない県警本部長:朝日新聞デジタル

本 部長 由美子 杉内

♨ 杉内由美子さん 男女の負担、平等に 杉内由美子さん(50)=佐賀市 「将来は人のためになるような仕事をしたい」。 委員から家族への聞き取りや第三者による再調査を求められた杉内本部長はこれまで同様、「遺族のお考えやご意見を把握している」と述べ、再調査については改めて否定した。

14
本部長は2回目。 (平塚学、大村久) 杉内由美子・佐賀県警本部長のコメント(福岡県太宰府市の女性暴行死事件関連部分のみ) それから先ほどからご質問をいただいています、太宰府の事案で亡くなられた女性のご家族から、鳥栖警察署に対して申し出をいただいていた件に関してですけれども、まず被害者の女性がお亡くなりになられたことにつきまして、ご遺族のみなさまに心よりお悔やみを申し上げたいと思います。

佐賀県警本部長、従来の答弁繰り返す 女性暴行死めぐり(朝日)

本 部長 由美子 杉内

🙃 質問と答弁がかみ合わない場面も多くあった。 大原光博警視監は大阪府出身、52歳、東大法、平成2年警察庁。

18
女性だからと気負わず、自分がやるべき事を最大限がんばるというのが私のスタンス」と話し、交通事故や特殊詐欺など県警の課題に日々向き合う。

[B!] 佐賀県警本部長に杉内由美子氏 女性トップ、九州の警察で初|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

本 部長 由美子 杉内

💔 最後に進行役が「本部長に総括をしていただきます」。

5
高校時代に、地球温暖化や石油の枯渇問題などについて書かれた本を読んで環境問題に興味を持ち、東大農学部に進んだ。 本件を今後の教訓としたい」と述べた。

佐賀県警本部長、従来の答弁繰り返す 女性暴行死めぐり

本 部長 由美子 杉内

⚛ 交通部交通規制課長、交通部都市交通対策課管理官、会務官付補佐官、総務課長補佐、交通指導課理事官、警察庁少年課児童ポルノ対策官を歴任。 小西康弘警視長は岡山県出身、50歳、東大法、平成3年警察庁。

17
対応に不備があって『申し訳ない』という脈絡ではない」と主張した。

杉内由美子

本 部長 由美子 杉内

😍 本部長は初めて。 昨年8月に、九州で初めての女性本部長として佐賀県警に着任。 林学警視監は岡山県出身、52歳、東大法、平成2年警察庁。

12
この日は、知事と佐賀市長の定例記者会見と重なった。

佐賀県警本部長に就任した杉内由美子さん(50) <人プロフィル>できること精いっぱいに|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

本 部長 由美子 杉内

♻ 杉内本部長は女性と家族に「お悔やみ」を述べつつ、家族からの相談内容は「女性をめぐる金銭貸借トラブル」とし、「被害者に直ちに危害が及ぶ可能性があるとは認められなかった」と、従来と変わらない見解を示した。 府警初の女性部長である。 県警は、撮影させないのは「会見を主催する県警の権限」としている。

20
卒業後は公務員を志望し、当初は環境省なども考えていたが、就職活動中に警察庁に内定している女性の先輩と知り合う機会があり、官庁訪問では警察庁にも足を運んだ。