アンペック 坐薬。 医療用医薬品 : アンペック (アンペック坐剤10mg 他)

アンペック坐剤10mg

坐薬 アンペック

🤙 処方箋 により調剤された麻薬や患者や患者の御家族から返却された麻薬などは廃棄後30日以内に調剤済麻薬廃棄届を提出しなければいけません。 113• 2種類以上の坐薬が出た場合 30分程度あけて挿入してください。 処方例:坐薬中心であれば下記のような対応が考えられます。

12
3).錯乱(0. 熱 体温 による吸収過程です。

アンペック坐剤10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

坐薬 アンペック

✔ 麻薬廃棄届、調剤済麻薬廃棄届は各都道府県の様式がありますので、それぞれの様式に従って記入し届け出をしてください。

12
2.処置:過量投与時には次の治療を行うことが望ましい;1)投与を中止し、気道確保、補助呼吸及び呼吸調節により適切な呼吸管理を行う、2)麻薬拮抗剤投与を行い、患者に退薬症候又は麻薬拮抗剤の副作用が発現しないよう慎重に投与する[なお、麻薬拮抗剤の作用持続時間はモルヒネのそれより短いので、患者のモニタリングを行うか又は患者の反応に応じて、初回投与後は注入速度を調節しながら持続静注する]、3)必要に応じて、補液、昇圧剤等の投与又は他の補助療法を行う。

アンペック坐剤10mgの添付文書

坐薬 アンペック

☣ 経口投与が可能であれば、坐薬を使うメリットはあまりない。

16
重大な副作用• 161• 甲状腺機能低下症 粘液水腫等 の患者[呼吸抑制や昏睡を起こす恐れがある]。

医療用医薬品 : アンペック (アンペック坐剤10mg 他)

坐薬 アンペック

⚡ 適さないケース..重い呼吸抑制、細菌性下痢症、重い肝臓病、喘息発作中など。

5
2 麻薬拮抗性鎮痛薬 錠剤には、不適切な使用法を防止するために麻薬拮抗薬であるナロキソン塩酸塩が添加されている。

坐薬を入れる順番は?

坐薬 アンペック

😃 症状により投与量、投与回数を適宜増減する。

前立腺肥大による排尿障害、尿道狭窄、尿路手術術後の患者[排尿障害を増悪することがある]。 (適用上の注意) 1.投与経路:直腸内投与による外用にのみ使用する。

坐薬を入れる順番は?

坐薬 アンペック

🤣 依存性 0. 急性アルコール中毒の患者[呼吸抑制を増強する]。

5
3.重篤な肝障害のある患者[昏睡に陥ることがある]。 • (重要な基本的注意) 1.連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与する。